« 稲村ガ崎「Sundish」でランチ | トップページ | 横浜散策 »

2006.02.27

サザンビーチのマンション計画は当面中断

☆ 昨日、茅ヶ崎文化会館で行われた「浜景観と土地利用を考えるシンポジウム」に行って来ました。

 まずはじめに、今回のマンション問題ですが、25日に茅ヶ崎市長が株式会社大京本社を訪問し、次のとおり合意する事に決定したそうです。

1 株式会社大京は、次の点を踏まえ、当面の間、現計画に基づく建設行為は中断する。

2 株式会社大京は、地権者、市民、関係団体及び行政の協働による漁港周辺地区のグランドプランづくりに、一地権者として参加する方向で検討に入る。

3 株式会社大京は、本グランドプランの基本方針にあわせ、新たな土地利用の可能性を検討するとともに、グランドプランづくりと並行し、現計画と異なる土地利用を模索する。

 「当面の間」という文字が、気になります。このままマンション計画が完全中止になってくれるといいのですが・・・。

 
 昨日のシンポジウムは市長やパネラーの方々のお話、そして来場者との意見交換という内容でした。

 この中で興味深かったのは、何も建築物は建てないで、自然を生かして砂浜に美術館・・・例えば他の海岸で毎年行っている「Tシャツアート展」というものや海岸に流れ着くビーチコーミングを使ったものを生かしたことなど・・・というお話。

 「Tシャツアート展」は、以前、「Tシャツ」でネット検索をした時に海岸にTシャツが洗濯物のように吊るして展示してある青空美術館のサイトを見て感動した覚えがあったので、茅ヶ崎でもそういう事が出来たら楽しいだろうな~・・・と思いながらプロジェクターの写真(Tシャツの白と海と空の青がとてもいい感じに並んでいる写真です)を見ていました。

 器(建物)が無くてもできる事は沢山ありそうだし、桑田さんの句のように何も無い、殺風景な海辺・・・それが茅ヶ崎っぽくてステキだな~と改めて思います。

 
 
※Tシャツアート展のひろしま青空美術館はこちらです。
※茅ヶ崎市発表のマンション建設計画の中断についてはこちらをご覧下さい。

|

« 稲村ガ崎「Sundish」でランチ | トップページ | 横浜散策 »

茅ヶ崎&湘南」カテゴリの記事

コメント

茅ヶ崎のビーチで「青空Tシャツアート展」ができたら
とっても素敵な風景が出来上がりそうですねっ!
何十(百?)枚ものTシャツが
風に吹かれてみんな同じ方向に同じくらい傾くんだ
で、お気に入りが見付かったらその場でお買い上げ!!
レジのお隣には更衣室があって
そのまま着替えて海で過ごせたりしたらいぃなぁ~
実現するといぃですねぇ~(^。^)/

投稿: ぐっちぃ | 2006.05.18 19:07

ぐっちぃさん、どうもです~♪

ぐっちぃさんのその案もいいですね~~!!
私が主催者なら採用させてもらいます(笑)

茅ヶ崎の海にその光景は似合うだろうな~~ (*^_^*)

投稿: 希樂 | 2006.05.20 01:15

この記事へのコメントは終了しました。

« 稲村ガ崎「Sundish」でランチ | トップページ | 横浜散策 »